用語


スローストキャスティクス


現在の値が過去何日間の相場のうごきからみて低すぎないか、高すぎないかを判断する指標。
逆張り系の指標

あくまでも逆張り系の指標なので、トレンドが発生しているときに単独でしようすると痛い目にあいます。
ただ、順張り系のMACDと相性が良く、MACDが苦手なもみ合い相場でスローストキャスティクスを使う事でダマシを少なくすることができる。

<買いシグナル>
例えとして、15%以下になれば売られすぎの為「買いサイン」とかを判断する。

<売りシグナル>
例えとして、85%以上になれば買われすぎの為「売りサイン」とかを判断する。